入れ歯

入れ歯をお考えの方へ

入れ歯やブリッジは、自分のものとして使いこなせれば大きな恩恵を受けることができます。

  • インプラント手術に対して不安のある方
  • 費用を抑えたい方

こういった方には、インプラントよりも入れ歯やブリッジといった義歯がおすすめできます。
しかし、デメリットがないわけではありません。お口に合っていない設定ミスの状態であったり、手入れ不足にしていると虫歯を増やしたり歯をどんどん減らしてしまう結果になります。それらを回避し、できるかぎりお口の健康を損なわない対策を立てていきましょう。

入れ歯の種類(各種類のメリット・デメリット)

種類機能審美特徴
保険の入れ歯 × 保険適用の為費用を抑えられる
コバルトクロム床(金属床)  
チタン床(金属床)  
ノンクラスプデンチャー  
インプラントデンチャー 費用が抑えられて、固定式と同じくらい咬める

義歯のメンテナンス

義歯の最大の欠点は、骨にかける負担が強すぎたり弱すぎたりすることで、歯茎の骨を次第に痩せさせてしまうことにあります。その度合いは人によって異なるため、定期的に点検してメンテナンスするほかありません。
また、ご自宅では常に清潔を心がけてください。市販の義歯安定剤は便利ですが、それが手放せないということは、骨が痩せて変形している証拠でもあります。必ず歯科医へご相談ください。