歯周病治療

気付きにくい歯周病。気付いたときにはもう遅い、かもしれません。

歯周病は、歯茎や骨が細菌に侵されて歯を失う力を失ってしまう病気です。大きく分けて生活習慣に起因するものと遺伝上のものの2つがあり、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。しかし、いずれも最終的には歯を失ってしまいます。
歯を失う原因としてはこの歯周病がトップであり、また厚生労働省の調査では成人の8割が歯周病にかかっているとされます。
歯周病を防ぐには毎日のブラッシングとともに、定期的な検査を受けることで初期のうちに治療することが重要です。

歯周病の症状

歯周病の症状を自覚できるということは、病状がかなり進行している証拠です。すぐに治療を受けましょう。

  • 歯茎が腫れ、すぐに出血する
  • 歯がぐらついているようだ
  • 冷たいもの、甘いものを食べるとしみる
  • 以前より歯が長くみえる
  • 人に、口臭があると指摘された

歯周治療の流れ

1)診断・検査

まずは気になることをお伺いします。
検査を丁寧に行い、初期段階の自覚できないものも含めて歯周病にかかっている歯を調べます。

矢印

2)スケーリング&ルートプレーニング

歯の表面に付着した歯石を、器具を使って除去します。
また、歯周ポケットに入り込んでいる歯石や、炎症を起こしている組織を掻き出し、歯周病の改善をはかります。

矢印

3)歯周外科処置

2の処置で取りきれない、または歯周ポケットが非常に深くなっている場合などは歯周ポケット搔爬や、歯茎を切開する歯肉剥離搔爬(フラップオペ)などの外科的な処置を行います。

矢印

4)定期検診

完全に治療を終えたとしても、歯周病をつくり上げた環境を改善しない限り、何度でも再発します。定期的なチェックとメンテナンスで健康な状態を長続きさせましょう。

当院でおこなえる歯周外科治療について

歯周病で破壊されてしまった歯周組織を再生させるには、以下の方法があります。

エムドゲイン

歯茎を切開し、歯の成長に関与するたんぱく質(エムドゲインジェル)を投与し、組織の再生を促します。

GTR

歯茎を切開してメンブレンという膜を置くことで、歯肉の再生をあえて阻害し必要な組織の再生を促します。

フラップオペ

歯茎を切開し、通常の搔爬では除去しきれない汚れや感染組織を、目視で確認しながら丁寧に取り除きます。

遊離歯肉移植術

歯肉には、骨としっかりくっついた付着歯肉と、緩やかに動く遊離歯肉とがあります。
歯のまわりが遊離歯肉ばかりになると、歯周ポケットに汚れが付きやすくなります。そこで付着歯肉を移植して歯茎の健康を維持します。