審美修復治療

歯を白くするってどんなこと?

——それは、私が今よりもっと私を好きになること
『Whiteeth』(佐藤恭子、藤枝リュウジ)より

歯の見た目をきれいにする理由は、やはり「自分が自分を好きになれる」ことに尽きるのではないかと思います。
歯がきれいになることで、口元に自信ができる。すると表情が生き生きとして心が前向きになる。前向きになることで人生が変わる。そのくらいの力があることだと信じています。

3つの選べるホワイトニング

ホームホワイトニング

患者さまのお口に合わせてトレイをおつくりし、ご自宅で薬剤を付けたトレイを歯に装着していただく方法です。
時間はかかりますが、歯を自然な白さにできる上、長期間にわたって効果が持続します。

オフィスホワイトニング

当院でレーザー機器を用いて歯を白くする方法です。すぐに効果を実感できるのでお急ぎの方にはこちらがおすすめです。
ただしホームホワイトニングに比べると効果が持続しません。

デュアルホワイトニング

ホームとオフィスの両方を併用する方法です。両方を行うので費用は割高になってしまいますが、両方で補完し合うため、メリットもより大きなものとなります。

各種ホワイトニングのメリット・デメリット 

種類メリットデメリット場所
ホーム 自分のペースでできる 白さが長持ちする 時間がかかる 自宅
オフィス 1~数回ですぐに歯が白くなる 歯科医が行うので安心 色戻りが早い 歯科医院
デュアル 短期間で歯が白くなる 効果が長持ちする 費用が高い 自宅・歯科医院

詰め物(インレー)、被せ物(クラウン)について

【オールセラミックス】材質のすべてがセラミックでできたもの。

仕上がりが美しい
  金属アレルギーの心配がない
  自然な歯に近い透明感と色
× コストが割高
  ジルコニアや金属と比べると強度に劣る

【ジルコニア】ジルコニアフレームにセラミックを焼き付けたもの。

仕上がりが美しい
  金属アレルギーの心配がない
  自然な歯に近い透明感と色
× コストが割高
  セラミックが割れる場合がある

【メタルボンド】金属フレームにセラミックを焼き付けたもの。 

強度と耐久性にすぐれる
  汚れや雑菌がつきにくく衛生的
× 金属アレルギーの心配がある
  歯肉を変色させることがある

【ハイブリッド】セラミックとレジン(プラスチック)を混合したもの。

コストが安く、保険診療のものと比べて仕上がりがきれい
× 時間とともに変色やすり減りがある

【ゴールド】金合金や白金合金を用いたもの。

しなやかで歯との相性がよい
  どの歯でも対応できる
× 前歯などに使うと目立つ

ブリッジ

歯が2~3本なくなった場合には、ブリッジという名前の方法で修復します。

歯が欠損すると、隣の歯が傾いたり咬み合う歯が伸びたりすることで、咬み合わせのバランス崩壊を起こします。そこで欠けた部位の両隣の歯にかぶせる形で欠損を補う義歯がブリッジです。そのため、支台となる歯に負担をかけてしまうデメリットもあります。
種類としては、メタルボンド、オールセラミック、ジルコニアといった上記の素材からお選びいただけます。

ユーグレナで本当のアンチエイジング

5億年以上もの間、あらゆる環境変化に耐え抜いてきたユーグレナ(ミドリムシ)は、動物と植物の両方の性質を持ち、両方の栄養素を高濃度で含みます。そのため人間は、ミドリムシを摂取するだけで必要な栄養素がすべて事足りるとまでいわれます。
また、ミドリムシは生物としては唯一、パラミロンという結晶体を持っているのですが、これが人体組織の能力を向上させる力(基礎代謝増加、血圧抑制、有害物質排泄など)を持つことが認められています。
当院では、世界で初めてミドリムシの培養、そして乾燥粉末での製品化に成功したユーグレナ社のサプリメントを取り扱っております。